NSA
home 協会概要 委員会の活動 リンク サイトマップ プライバシーポリシー
協会概要
会員情報
セミナー・イベント情報
Quick Response
QuickResponseは会員会社が相互に受発注情報を紹介しあうBtoBサイトです。
◆「会員情報検索」について
  『人事労務ニュース』
◆無料労務相談実施中
◆ホームページ・マニュアル
トピックス詳細
法務委員会
「若手社員向けコンプライアンスセミナー」開催
-社会人のモラルは若手社員のうちに叩きこめ!-

 平成29年6月29日(水)、新宿ファーストウェストビル3Fにおいて、「若手社員向けコンプライアンスセミナー-社会人のモラルは若手社員のうちに叩きこめ!」をテーマにIIT法務委員会主催セミナーが開催され18社116名が参加しました。

 「会社の不平不満を外で話す」、「会社に不利になる情報をネットに書き込む」、「権利ばかり主張し義務を理解していない」、こんな社員が増えています。
 会社には社員の生活を守る義務がある一方で、社員にも法令、義務を遵守するコンプライアンスの義務が生じます。そこで、IIT法務委員会では、新入社員を中心とした若手社員を対象に、コンプライアンスの重要性と遵守の必要性を理解することを目的に、さまざまな事例をもとにわかりやすく解説したセミナーを開催しました。
 セミナーは2部構成で、講師は、第1部の「若手社員に理解させるコンプライアンスの重要性について」をTOMAコンサルタンツグループ(株)、TOMA監査法人 法人部副部長で公認会計士の辻田 晋作氏(写真右)が、第2部の「若手社員に必要な、人事労務に関する権利と義務について」を同グループ(株) TOMA社会保険労務士法人 TOMA人事コンサルタンツ(株)副理事長で特定社会保険労務士の麻生 武信氏(写真左)が担当。
 コンプライアンスの重要性から、個人情報の保護とは、人事に関する法律の基礎知識、就業規則と社員の義務、そして各種ハラスメント行為についてまで、広範囲にわたって多くの具体例を交えて詳細に解説いただきました。
 多くの新入社員にとっては初めて聞く内容が多く、詳細にメモをとるなど皆熱心に聞き入っていました。

> 履歴(過去の記事)