第262回IITふぉ~らむ
「ソフトウェアベンダーが留意すべきセキュリティ処方箋」
-セキュリティインシデントから社員と会社を守るために-
                           会員交流委員会 交流部会

 昨今、Webシステムの脆弱性を起因としたセキュリティインシデントが後を絶ちません。しかしながら、Webシステム開発の現場ではセキュリティを考慮して設計・開発するという意識はいまだに低いのが現状です。
 そこで今回は、ソフトウエアの受託開発企業の経営者及び事業運営者が知っておくべきセキュリティ対策について(株)ラック CTO 兼アジャイル開発センター長の倉持浩明氏をお招きし、セキュリティの問題が争点になった裁判事例から、受託システム開発会社は何を学ぶべきか、デジタルトランスフォーメーション時代にシステム開発の現場で必要なセキュリティ対策について最新の動向に触れながら講演していただきます。
 セキュリティインシデント対策の参考になれば幸いです。 経営者他部門にこだわらず広く皆様に是非ご参加頂きますようお待ちしております。 

株式会社ラック
常務執行役員 CTO
SIS事業統轄部長兼アジャイル開発センター長 
倉持 浩明(くらもち ひろあき)氏 【略 歴】

1996年に株式会社ラック入社。
受託システム開発のSE、PMとして多数のWebシステムの企画・開発および運用に携わる。現在は同社でSI事業の統括責任者として事業戦略立案に携わりながら、安全なWebアプリケーションの設計・開発に関するコンサルティングや教育活動を精力的にこなしている。
オープンソースのコミュニティであるOWASP/Japanメンバーとして開発者向けのセキュリティ教材の翻訳及び普及啓発活動にも従事。

主な著書:「基本がわかる安全設計のWebシステム」(日経BP社)、「セキュアなWebアプリケーション開発」(ソフトバンククリエイティブ、監訳)
日 時 平成31年3月20日(水) 講演会 18:00~19:10
               懇親会 19:10~20:30
場 所 鉄鋼会館 8F 811号室 TEL0120-404855
地下鉄 日比谷線 茅場町駅 1番出口 歩3分
      東西線 茅場町駅 12番出口 歩3分
テーマ 「ソフトウェアベンダーが留意すべきセキュリティ処方箋 」
-セキュリティインシデントから社員と会社を守るために-
講 師 株式会社ラック
CTO 兼アジャイル開発センター長 倉持 浩明氏
参加費 1人 5,000円(懇親会費も含む)
※当日受付にてお支払いください。領収書をご用意します。
申 込 ●IITホームページから  >>お申し込みはこちら
※ お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として参加者の把握以外の目的に使用することはありません。
 
閉じる