第258回IITふぉ~らむ
「真のグローバルベンチャーを目指して」
-FinTechとIoTによる新たな自動車社会の創造-
                           会員交流委員会 交流部会

 今、世界ではクルマを購入したくとも20億人の方々はローンの審査に通過せず利用できないのです。
 GMSはこれまでの金融機関が実現できなかった社会課題を解決し、活躍したいすべての方々にローン機会を創造するFinTech事業を行なっています。 すでに、フィリピン、カンボジア、日本にてFinTech×IoTの力でローン機会を提供しており、それら車両の総走行距離は2500万km以上(地球630周分)で、非常に多くの方々の救いになっています。
 今回の講演では、創業から現在そして真のグローバルベンチャーに向けての今後の取り組みを紹介します。「真面目に働く人が正しく評価される仕組みを創造する」ために幾多の困難を乗り越えてきた経験からは多くの気づき、刺激が得られます。
 また、GMSのビジネスモデルは下記の通り多方面から評価を受けています。ビジネスアイデアとして新たな発見があることは間違いありません。 トーマツベンチャーサポート・野村證券「Morning Pitch Special Edition 2016」にて最優秀賞受賞。三菱東京UFJ銀行「第四回Rise Up Festa」にて最優秀賞受賞。日本自動車工業会「第45回東京モーターショー2017THE MEET UP」にて優勝。NTTデータ「第8回グローバルオープンイノベーションコンテスト」にて最優秀賞受賞。日本国内1万社のベンチャー企業から経済産業省「J-startup」に選出。
 FinTech事業の仕組みを知る良い機会となる事と思いますので、多くの会員企業の皆様のご参加を お待ちしております。

Global Mobility Service株式会社
社長執行役員/CEO 中島 徳至(なかしま とくし)氏 【略 歴】

電気自動車ベンチャー(株)ゼロスポーツ創業者、フィリピン初の電気自動車メーカーBEET Philippines inc.初代CEO兼代表取締役社長を歴任。
2010年 会員数350社の電気自動車普及協議会 初代代表幹事。
フィリピン赴任中、Global Mobility Service株式会社を設立。
東京理科大学大学院(技術経営修士)修了。
経済産業省「経済産業大臣奨励賞」、 日本青年会議所「人間力大賞」、国際青年会議所「TOYP大賞(日本人7人目)」等受賞は多数。
2018年4月 エンデバーアントレプレナーに選出。
日本ベンチャー学会 論文「ベンチャー起業への地域CFO制度と教育支援策」等、学会活動も多数。
国際交通安全学会 特別研究員、 東京大学大学院 工学系研究科 非常勤講師、 岐阜大学大学院 工学研究科 客員教授などを歴任。
日 時 平成30年10月18日(木) 講演会 18:00~19:10
               懇親会 19:10~20:30
場 所 鉄鋼会館 8F 811 号室 TEL0120-404855
地下鉄 日比谷線 茅場町駅 1番出口 歩3分
      東西線 茅場町駅 12番出口 歩3分
テーマ 「真のグローバルベンチャーを目指して」
-FinTechとIoTによる新たな自動車社会の創造-
講 師 Global Mobility Service株式会社
社長執行役員/CEO 中島 徳至氏
参加費 1人 5,000円(懇親会費も含む)
※当日受付にてお支払いください。領収書をご用意します。
申 込 ●IITホームページから  >>お申し込みはこちら
※ お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として参加者の把握以外の目的に使用することはありません。
 
閉じる