第248回IITふぉ~らむ
「2018年の世界経済とマーケットの行方 」
-リスクの先にみえてくる新たな時代の潮流 -
                           会員交流委員会 交流部会

 現在、3本の矢で始まったアベノミクスも、すでに5年が経とうとしていますが、一向にデフレからの脱却 の兆しは見えてきません。
 一方で、未曾有の金融緩和が生んだ世界的なバブルは、早ければ来年2018年に破裂して、リーマ ン以来の金融危機、経済危機が起こるリスクが高まっています。
 不透明感の強い2018年の景気とマーケットの見通しを実力派エコノミストがご報告します。 さらに、グローバル化とは反対の方向に進む世界、AIが起こす社会改革の兆しなど、短期的な景気の 波を超えた大きな時代の転換期を今わたしたちは迎えています。
AIを中心とした技術革新がもたらす経済成長によって新たな世界が開かれるのか?少子高齢化の日本 に明るい未来はないのか?これからの時代の経営に求められるものは何か? これらの疑問にすべてお答えします
 近い将来必ず来る景気後退局面に少しでも備える為にも多くの 会員企業の皆様にご参加頂きますようお待ちしております。

三井住友海上火災保険株式会社
インシュアランス・コンサルタント兼経済エコノミスト
野田 聖二(のだ せいじ)氏 【略 歴】

1982年 東北大学経済学部卒業後、埼玉銀行(現 埼玉りそな銀行)入社。
1994年 あさひ投資顧問(株)出向、チーフエコノミストとして、マクロ経済調査・予測担当。
その後、日興コーディアル証券フィナンシャルアドバイザー。
現在、三井住友海上火災保険株式会社 インシュアランス・コンサルタント。
また、気循環学会会員として活動を行いながら、経済エコノミストとして企業研修やコンサルタント及びみずほ銀行、東京商工会議所、埼玉経済同好会、各地域法人会で講演等 活躍中。
経済エコノミストとしては異例の銀行・証券・損害保険業界での経験を生かし、色々な角度からの経済予測を続けている。
主な著書:複雑系で解く景気循環(東洋経済新報社)、 『景気ウォッチャー投資法』入門(日本実業出版社)等。

日 時 平成29年9月21日(木) 講演会 18:00~19:10
               懇親会 19:10~20:30
場 所 鉄鋼会館 8F 811 号室 TEL0120-404855
地下鉄 日比谷線 茅場町駅 1番出口 歩3分
      東西線 茅場町駅 12番出口 歩3分
テーマ 2018年の世界経済とマーケットの行方」
 -リスクの先に見えてくる新たな時代の潮流-
講 師 三井住友海上火災株式会社
インシュアランス・コンサルタント兼経済エコノミスト 野田 聖二氏
参加費 1人 5,000円(懇親会費も含む)
 ※当日受付にてお支払いください。領収書をご用意します。
申 込 ●IITホームページから  >>お申し込みはこちら
※ お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として参加者の把握以外の目的に使用することはありません。
 
閉じる