NSA home 協会概要 委員会の活動 リンク サイトマップ プライバシーポリシー
協会概要
会員情報
セミナー・イベント情報
Quick Response
QuickResponseは会員会社が相互に受発注情報を紹介しあうBtoBサイトです。
◆「会員情報検索」について
  『人事労務ニュース』
◆無料労務相談実施中
◆ホームページ・マニュアル
協会概要
会長挨拶
ようこそ東京都情報産業協会(IIT)に
お越しいただきました。
会長写真
会長 根本健時

 東京都情報産業協会(旧日本ソフトウェア産業協会)は1985年に設立され、30年を超す歴史を持つ協会でございます。このたび30周年を期に協会名称を東京都情報産業協会に変更し、東京を基盤とした協会として新たなスタートをしております。そして新たなビジョンとして「東京情報革新2020」を掲げ、地域社会や会員の皆様方に対しさらなる貢献ができる協会を目指して行きます。

 また基本方針としては、四つの柱を掲げ協会活動を進めてまいります。
 一つ目は東京への社会貢献として、東京都の施策を踏まえ経済・文化・教育などICT(情報通信技術)を通じて、地域社会の発展に寄与してまいります。
 二つ目は東京のユーザ企業の発展に必要な情報革新に対し、会員が持つ技術・経験を通して貢献してまいります。
 三つ目は東京のICT企業の新たな成長を支援するため、ソフトウェア開発のみならずネットワークなどの情報インフラ構築やWeb関連企業などを集い、企業間のコラボレーションを図ることで新分野への取組みを支援してまいります。
 四つ目は会員企業の経営基盤の革新を図るため、金融・労務から法務など最新の情報をお届けするとともに、教育や共同求人など幅広い活動を進めてまいります。

 現在、社会のグローバル化が急速に進み、国境を越えて人やモノの移動、投資が素早くなされる時代を迎えています。このグローバル化の進展に大きく寄与しているのがICTでもあります。特にインターネットをはじめとする通信技術の進化はクラウドサービスを始め、IoT、IoEとして幅広い分野に活用され、社会生活を大きく変える時代を迎えております。当協会といたしましても新技術の動向を含め、時代に即した協会運営を心がけてまいります。そして東京の情報革新の促進とともに会員企業の皆様方がさらなる成長が図れるよう、協会活動を通じて積極的に支援して行きたいと思っております。皆様には、引き続きご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

一般社団法人 東京都情報産業協会
会長 根本 健時